NPO・ボランティア団体の助成79件決定、合計550件に

 東日本大震災の被災地支援を速やかに進めるため、日本財団が全国のNPO法人とボランティア団体に呼びかけた『100万円サポート』の第8次助成先が6月30日に決定した。
支援活動助成プロジェクトは、NPO法人やボランティア団体、公益法人が被災地で行う事業活動に対し100万円を上限に必要な経費を助成し、支援活動の輪を広げるのが狙い。
第8回分として6月30日、NPO・ボランティア団体の助成先79件が決定した。
この中には、被災地にある岩手県9団体、宮城県26団体、福島県6団体や、東京都19団体など。
事業内容は、継続的なボランティア派遣、障がいを持つ児童に対する心のケア、トラウマケア、動物によるケア等のメンタルケア、点訳などの専門的なボランティア活動、グリーンカーテン支援など多彩。
第1回から第8回まで、合計546団体が行う550事業に対し計5億2130万円が助成されることとなった。

決定事業の一覧はこちらから。

(取材日 2011年6月30日 東京虎ノ門)

(2011年8月11日 13:00)
From CANPAN NEWS