Beers for Books10月19日開催決定!

「Beers for Books in 六本木農園」が帰ってくる!

DSC09321.JPG

8月24日に開催、200名以上の皆様にお越しいただいたCANPANセンター主催のイベント、
「ビアーズ・フォー・ブックス イン 六本木農園」が、スケールアップして再び開催されることになりました!
 
10月19日(火) 18:00~23:00
農家実験レストラン 「六本木農園」 にて 
途中入場退出OK 雨天決行 キャッシュオン
 
農家レストラン・六本木農園を舞台に展開される、チャリティ・イベント。
参加者はビールやその他の飲み物を通常料金で楽しむだけで、お店から一杯につき100円を寄付。
※ みなさんが支払う金額は通常のものとかわりません。
その日に集まったお金は、NGO「ルーム・トゥ・リード」を通じて寄付され、
途上国の子どもたちの母国語の本の出版になります。
今回は外のスペースだけでなく、農園の1階・地下全体を使って行ないます。
農園のご協力で、今回は日本各地のスペシャルな農家が育てた山の幸や「農園カレー」もご用意。
ドリンクも限定瓶ビールからカクテル、しぼりたてジュースなどいろいろあります。
なお、当日、仕込みの都合などもありますので、ご参加いただける方は、
B4B in 六本木農園事務局 news@canpan.org までご一報いただけると助かります。
もちろん、当日の飛び込み参加も大歓迎です。

では、10月19日の夜、六本木でお会いしましょう!


※「ビアーズ・フォー・ブックス」について
「ビアーズ・フォー・ブックス」は、
「ルーム・トゥ・リード」のボランティアであるゲーリー・ブレママン氏 の考案になるもので、
「ビール一杯につき100円」を「ルーム・トゥ・リード」に寄付。
集まった資金は、途上国の現地スタッフ自身により編集・出版される子ども向け図書の制作費に
あてられます。
(一冊の制作費がおよそ100円なので、一杯飲めば一冊がプレゼントされる仕組み。
キャッチフレーズは「one beer, one book」)。
 
http://www.beersforbooks.org/(英語)
 
「ルーム・トゥ・リード」は、
途上国の子どもたちに幅広く教育の機会を提供しようと、
図書館や図書室の建設、女子教育支援や学校建設などを行っている組織です。
 
※「六本木農園」について
「六本木農園」は、NPO法人農家のこせがれネットワークが企画した「農業実験レストラン」。
生産者の顔が見える新鮮な野菜や肉が毎日産地直送で届き、また週に数回、
生産者が収穫物を持って来店。テーブルを回り、生産地の風土、
農家の苦労や感動を語りながらもてなしてくれることで、話題を呼んでいます。09年6月オープン。
 

(2010年9月24日 13:21)
From CANPAN NEWS