CANPANセンター主催ビアイベントのお知らせ。

  IMG_8905.JPG六本木の閑静な住宅街の中にたたずむ、

農家のこせがれがつくる農業実験レストラン「六本木農園」

 

このたび、ユニークなファンドレイジング(資金調達法)としての

ビアーズ・フォー・ブックス」をクローズアップするため、

 

このたび六本木農園にてビアイベントを開催することになりました。

 

日時:824日火曜日19:0022:00(18:30受付開始)

会場:農業実験レストラン「六本木農園

 

イベント当日は、キャッシュ・オン・デリバリーでの営業となり、

ビールだけでなく六本木農園でしか飲めないスペシャルカクテルやハイボールなど「一杯につき100円」がお店から

ルーム・トゥ・リード」に寄付され、途上国での子供向け出版事業に用いられます。

 

六本木の畑の中で、冷たいビールを飲みながら社会貢献してみませんか。

 

皆様のご取材、ご参加を心よりお待ちしています。

 

※ 「ビアーズ・フォー・ブックス」について

 

「ビアーズ・フォー・ブックス」は、「ルーム・トゥ・リード」のボランティアである

ゲーリー・ブレママン氏の考案になるもので、「ビール一杯につき100円」を「ルーム・トゥ・リード」

に寄付。

集まった資金は、途上国の現地スタッフ自身により編集・出版される子ども向け

図書の制作費にあてられます。(一冊の制作費がおよそ100円なので、一杯飲めば一冊がプレゼントされる仕組み。キャッチフレーズは「one beer, one book」)。http://www.beersforbooks.org/(英語)

 

「ルーム・トゥ・リード」は、途上国の子どもたちに幅広く教育の機会を提供しようと、

図書館や図書室の建設、女子教育支援や学校建設などを行っている組織です

 

※ 「六本木農園」について

 

「六本木農園」は、NPO法人農家のこせがれネットワークが企画した「農業実験レストラン」。

生産者の顔が見える新鮮な野菜や肉が毎日産地直送で届き、また週に数回、

生産者が収穫物を持って来店。テーブルを回り、生産地の風土、

農家の苦労や感動を語りながらもてなしてくれることで、話題を呼んでいます。096月オープン。

(2010年8月 3日 23:12)
From CANPAN NEWS