「支援地区のカカオ」を使ったチョコレートを日本で初めて商品化【ACE】

森永チョコレート<1チョコfor1スマイル>
 認定NPO法人ACE(東京都台東区)では、ガーナのカカオ生産地域の子どもたちを危険な労働から守り、就学を支援する活動 「スマイル・ガーナ プロジェクト」を2009年より実施。

 2011年からは、森永製菓株式会社(東京都港区)が実施する「1チョコfor1スマイルキャンペーン」の連携NGOとして支援をもらってきたが、その大きな成果としてこの度「支援地区のカカオを使用したチョコレート」が2種類発売される運びとなった。(2月末まで)

 この取り組みは、森永製菓はもちろんのこと国内の関係各所のみならず、ガーナ国におけるカカオ生産・輸出に携わる多くの方々の理解と支援によって実現。今回の初の試みはこれまでACEが培ってきたさまざまな活動の一つの集大成だ。

 森永製菓による一連の取り組みは、カカオ生産地域の子どもたちが直面する大きな課題と真摯に向き合い、その解決に向けて積極的に取り組む勇気ある姿勢であると受け止めている。

 また、ACEの支援地域のカカオを原料として使用することは、児童労働が介在しないチョコレートの実現に向けた確実な一歩を踏み出したという意味で、日本を代表する他の菓子メーカーに先んじた取り組みであると言えるだろう。

「このようなチョコレートの商品化を通じ、より多くの方々が児童労働の問題に気づき、解決に向けた共感の輪が広がってゆくことを願っています。」(ACEサイトより)

チョコレートの詳細は以下の通り。詳しくはこちらのサイトからどうぞ。

森永チョコレート<1チョコfor1スマイル> 
発売期間: 2013年1月15日(火)~2月下旬

「1チョコfor1スマイルキャンペーン」で支援した地区のカカオマスを主原料にしたミルクチョコレート
支援地区のカカオマス含有率は、全カカオマス中80.4%
商品コンセプトを理解いただくため、絵本型の"開いて読む"パッケージに
中面にはこれまでの取り組みの成果や支援地区のカカオを使用した商品ができるまでの軌跡を紹介内容量: 70g(35g×2枚) 参考小売価格:315円(税込)

森永ダース(ミルク)  
発売期間: 2012年12月25日(火)~2月下旬

原料の一部を支援地区のカカオマスに置換
支援地区のカカオマス含有率は、全カカオマス中約8.8%
パッケージの一部に支援地区のカカオマスを一部原料に使用していることを訴求
パッケージ裏面にACEロゴと支援地区の子どもたちの写真入り
内容量:12粒 参考小売価格:105円(税込)

以前CANPAN NEWSで森永製菓にインタビューしたときの記事はこちらから。

(取材日 2012年1月7日 東京都台東区)
(2013年1月15日 08:00)
From CANPAN NEWS
東北地方太平洋沖地震支援基金

CANPANプロジェクト

日本財団

CANPANレポート