「東京から出身地のために出来ることセミナー」を11月11日に開催【日本財団CANPANプロジェクト】

CANPAN NEWS
 「今、出身地が熱い!出身地から遠く離れて暮らしている人の中で、地元のために何かしたい!」そのような気持ちが急速に高まっている人が増えています。そこで、CANPANでは、市民や地元企業による寄付で地域のNPO活動を
支援する「市民ファンド」を、首都圏在住のそれぞれの出身者に紹介するセミナーを企画しました。

 今回は、宮城、茨城、千葉、愛知、京都、和歌山、岡山、沖縄の8地域の市民ファンドをご紹介。
"出身地である地元を応援したい!"
"今は離れて暮らしているけど、かつえお世話になった地域に恩返ししたい!"
"地元の社会課題解決のためにがんばっているNPOを応援したい!"

そんな、宮城、茨城、千葉、愛知、京都、和歌山、岡山、沖縄の出身のみなさん、ぜひご参加ください。

◆開催日: 2012年11月11日(日)13:30~16:00(開場13:00)


◆参加費 : 1,500円(※)うち1,000円は市民ファンドに寄付

◆定員: 150名

◆対 象: 宮城、茨城、千葉、愛知、京都、和歌山、岡山、沖縄の出身、
    ゆかりがある、好き、住みたい、応援したいという人ならどなたでも

◆主催:日本財団CANPANプロジェクト

◆共催:一般財団法人地域創造基金みやぎ
    いばらき未来基金
    一般財団法人ちばのWA地域づくり基金
    あいちコミュニティ財団(仮称)
    公益財団法人京都地域創造基金
    一般財団法人わかやま地元力応援基金
    OKAYAMA Share project みんなでつくる財団おかやま
    公益財団法人みらいファンド沖縄

◆内容:
第1部 全体会 13:30~14:30
 リレートーク「東京から出身地のためにできること」
 ・今、地域で起こっている市民ファンドということ
 ・首都圏から地元を応援すること
 ・ソーシャルメディアを使って地元を応援すること 

第2部 出身地セッション(分科会形式)14:30~16:00
 宮城、茨城、千葉、愛知、京都、和歌山、岡山、沖縄と
 出身地にわかれての分科会セッションになります。
 それぞれの市民ファンドについて地元から参加する担当者が
 詳しくご紹介いたします。

申し込み等の詳しい内容はこちらから。

(取材日 2012年10月11日 東京都港区)
(2012年10月15日 08:00)
From CANPAN NEWS
東北地方太平洋沖地震支援基金

CANPANプロジェクト

日本財団

CANPANレポート