Check A Toilet、TSUTAYAから情報支援開始【Check】

NPO法人check代表の金子健二氏
 みんなでつくるユニバーサルデザイントイレマップ「Check A Toilet 」を運営する特定非営利活動法人Check(本社:東京都世田谷区)は、全国に展開するDVD・CD・書店「TSUTAYA」のうち車いす対応トイレを有する店舗148店舗の情報公開を、9月1日から開始した。
 情報公開された店舗情報はCheck A Toilet 各サービス他、GoogleマップNAVITIME、Mapionなどの位置情報サービスにも反映される。


「近年、バリアフリー新法のもと、さまざまな施設でバリアフリー化が進み、多機能トイレ・車いす対応トイレ(スペース、ベビーシート、手すりなどがあるトイレ)が街に増え始めました。しかし実際には、建物の中に入りトイレの扉を開けるまで、そのトイレがどのような機能を備えているか、わかりません。扉を開けてみたら、スペースが狭かった・手すりが付いていなかった・ベビーシートがなかったなど、
利用する人によっては『行ってはみたけど使えない』ということがあります。こうした問題を解決するにあたり、『いつでも、どこでも、だれでも』をコンセプトの1つに掲げ、地域でお客様に生活提案の場を展開する「TSUTAYA」がNPO法人Checkの取り組みにご賛同くださいました。」(代表金子氏コメント)

9月1日より、「TSUTAYA」は多機能トイレを保有する店舗の情報公開を始めた。公開される「TSUTAYA」の多機能トイレ情報は、Check A Toiletのサービスを使って外出前・外出先で設備情報を検索することができる。また、提携している位置情報サービス(Googleマップ、NAVITIME、Mapionなど)からもトイレ検索が可能。

今後、NPO法人Checkでは車いすの方、高齢の方でも安心して来店できるように、フランチャイズ展開されている事業者や情報を管理している自治体に情報提供を呼びかけ、日本全国の情報提供ができるように活動していくようだ。

詳細、お問い合わせは下記まで。
電話番号:080-4162-4550 (平日 10:00~18:00)
メール :report@checkatoilet.com 担当:金子

(取材日 2012年8月31日 東京都目黒区)
(2012年9月 3日 19:00)
From CANPAN NEWS
東北地方太平洋沖地震支援基金

CANPANプロジェクト

日本財団

CANPANレポート