みちのく仕事論 雄勝アカデミープロジェクト 新しい教育の形から次代のまちづくりを考える【ETIC.】

CANPAN NEWS
 「情熱をもって日々真摯に活動する方と共にビジョンを共有し、50年後の日本に夢と希望という一石を投じていきたい」

 壊滅的な打撃を受けた石巻の雄勝地域で、漁業をはじめとした新たな産業の創造や、子どもの学習支援に取り組む立花貴氏はいっている。

 今、東北で新しいチャレンジに取り組む方々の周りには、共に伴走する方、後方から支える方、地域外から入り込んだ若者や企業など、様々な立場の方が関わり、そしてそれぞれが次の地域の未来を描き、今までできなかったことを可能にしようとしているという。

 今月24日に渋谷で行われる「みちのく仕事論」では、宮城県石巻市雄勝地区において、教育事業に携わる Sweet Treat311 の皆さんを招き、事業リーダーのみならず、協働する方や地域で取り組みを支えている方など様々な方から、様々な角度で、どのような地域教育を育んでいくべきか、まちをどのように支えていくべきかを考えていく予定。

 なお Sweet Treat311では、共に事業を創っていく方も募集中。教育の観点でのまちづくりに関心がある方、これから東北での活動に参画していきたい方などはこの機会にぜひ訪れていただきたい。
詳細はこちらからどうぞ。

(取材日 2012.8.17  東京都渋谷区)
(2012年8月20日 07:40)
From CANPAN NEWS
東北地方太平洋沖地震支援基金

CANPANプロジェクト

日本財団

CANPANレポート