ネスレ日本株式会社のプロジェクトの実例から学ぶCSRからCSVへ【アミカ企画】

鬼ごっこ協会
 7月27日金曜日 株式会社アミカ企画で、日本で初めてCSV(共通価値の創造)の概念のもとに行われたネスレ日本株式会社のCSR活動「ネスレヘルシーキッズプログラム」を行う一般社団法人鬼ごっこ協会の理事を迎え、CSVの事例から学ぶ勉強会を主催することになった。

 このプログラムは「CSV Japan」プロジェクトとしてCSV概念を普及促進していくための
取組の一貫となっている。

 勉強会では、鬼ごっこ協会理事の羽崎貴雄氏より「スポーツ鬼ごっこの持つ共通価値の可能性について」と題して講演を行ない、当日は多業種より参加者を募り、セミナーの他に企業のCSR担当者や広報担当者、ソーシャルアントレプレナー、一般のビジネスマン、学生などが相互に交流できるようにワークショップの時間を設けるということだ。

【第1回CSVJapan Meeting ~「CSV(共通価値の創造)の実例紹介セミナー&交流会~】

開催日:7月27日(金)19:00~21:30
場所:国立オリンピック記念青少年総合センターセンター棟511号室
http://nyc.niye.go.jp/
参加人数:定員30名(会社経営者、企業のCSR・広報担当者、NPONGO職員、学生、一般参加者など)
講師:羽崎貴雄(一般社団法人鬼ごっこ協会理事、株式会社アミカ企画代表取締役社長)
主催:「CSV Japan プロジェクト」(株式会社アミカ企画)

イベントスケジュール

19:00~19:15 CSVの基礎講演
19:15~19: 45 事例紹介事例:一般社団法人鬼ごっこ協会理事羽崎貴雄「スポーツ鬼ごっこの持つ共有価値の可能性について」
休憩
20:00~20:15 参加者自己紹介
20:15~20:45 グループワーク
20: 45~21:00 グループごとの発表

■「共通価値の創造」とは

CSV(Creating Shared Value)、共通価値の創造は2009年に世界フォーラムでハーバード大学のマイケル・E・ポーターを中心として
ネスレ、国連などとともには発表されました。
CSVは、企業が事業を営む地域社会の経済条件や社会状況を改善しながら、みずからの競争力を高める方針とその実行と定義できます。
共通価値を創出するにあたって重視すべきことは、社会の発展と経済の発展の関係性を明らかにし、これを拡大することにあります。

■講演者羽崎貴雄氏のご紹介

鬼ごっこ協会(理事)では、スポーツ鬼ごっこを活用した地域活性化や教育支援のために日本全国で、CSV概念をもとにした
取組を行っている。また、世界的にCSV(共通価値の創造)の先進企業であるネスレ日本株式会社が行っているCSV活動の
「ネスレヘルシーキッズプログラム(http://www.nestle.co.jp/CSV/Kids/Pages/Kids.aspx)=栄養×鬼ごっこを軸にした食育プログラム」
のプロジェクトを主要メンバーとして行う。
代表を務めるアミカ企画では日本各地で中小企業、ベンチャー企業へのコンサルティング業務やイベント企画を行う。

■一般社団法人鬼ごっこ協会のCSV活動

鬼ごっこ協会は、世界中の地域社会を笑顔にしていくことを目的として、協会オリジナルで開発したスポーツ鬼ごっこを中心にして、多数の鬼ごっこを活用した地域活性化のイベントや大会の実施、教育・福祉・スポーツ関係者に向けた人材育成研修を行っています。
今年の11月には、第1回のスポーツ鬼ごっこ全国大会を開催することになっています。
ネスレ日本株式会社のCSR「ネスレヘルシーキッズプログラム」のイベントの企画や運営、
「ヘルシーキッズ鬼ごっこ」のコンテンツを提供しています。
日本では、心身の成長の基盤である「食べること」や「からだを動かすこと」に対する子どもたちの関心が低く、さらに自分に自信を持って積極的に行動できない子どもが多いことが指摘されています。
子どもたちが心身豊に成長することを目指して、学校・地域・家庭が三位一体となった取り組みとすることを目指しています。

問い合わせ先

株式会社アミカ企画 担当平峯
東京都世田谷区桜上水4-6-14メゾンド・ヴァンベール215号室
公式HP:http://www.amicakikaku.co.jp/
電話(FAX)(03)63796525
Email:info@amicakikaku.co.jp

(取材日 2012年7月10日 東京都世田谷区)
(2012年7月13日 08:00)
From CANPAN NEWS
東北地方太平洋沖地震支援基金

CANPANプロジェクト

日本財団

CANPANレポート