Hazakura the Sessionはいよいよ7月28日開催【桜onプロジェクト】

CANPAN NEWS
 311をきっかけにしてブラストビートから生まれた桜onプロジェクト(NPO法人認証申請中)は「物語」を大切にしている団体。一人の人間の人生を流れるものすべてが、その人の「物語」。 「多くの「物語」を失った人々を、より多くの新しく生まれる
「物語」で応援しよう」というのが団体のコンセプト。

「1年に1回誰もが気に掛ける樹木「桜」。 人間の一生よりもはるかに長い時間を生きる樹木「桜」。 
桜にみんなの「物語」を託して300年先の未来に届けよう。 きっと桜のまわりにはたくさんの「物語」が集まり、新しい「物語」が生まれるから。 」(サイトより)

 いま、東北を中心に「物語」の芽が伸び始めている。そこで今回は東京で「物語」を「醸造」=brew upするセッションを開催。 「物語」を語り合うことの楽しさ、共有することの価値、そして遠く離れた誰かの「物語」とつながることがもたらす豊かさを、みなさんと感じることがセッションの目的ということだ。 

 ガラス張りで開放感にあふれ、陽がさんさんと降り注ぐ夏本番のシバウラハウスに、瑞々しくはじける『物語』を楽しみにきませんか。『セッション』は2部構成で、前半は『物語』を痛快に描く方々によるライブセッション。何が飛び出すかまったく予想できません。 後半は、みなさますべてが主体的にご参加いただく"Brew up"セッション。前半のライブセッションを体験して、あなたは誰かに『物語』を語りたくなる。そんな内容です。

※全体を通じてひとつのプログラムになっていますので、一部のみの参加は遠慮お願いします。

事前にお申込いただいた方は3,000円(税込)、当日は3,500円(いずれもワンドリンク付)。 
パネリスト他、詳細はこちら(http://kokucheese.com/event/index/42882/)から。

パネリスト(予定) 
中西玲人(妄想家)、亀田真吾(惑星物理学者)、松浦貴昌(NPO法人ブラストビート代表理事)、
田中孝幸(桜onプロジェクト代表・ストーリーキュレーター)他 

開催概要

日時 2012年07月28日(14:00~18:00)
開催場所 SHIBAURA HOUSE
(東京都港区芝浦3-15-4 )
参加費 3,000円(税込)
定員 50人(先着順)
主催
桜onプロジェクト

(取材日 2012年7月7日 東京都港区)
(2012年7月11日 08:00)
From CANPAN NEWS
東北地方太平洋沖地震支援基金

CANPANプロジェクト

日本財団

CANPANレポート