映画「バレンタイン一揆」記念特設ページが完成【ACE】

映画「バレンタイン一揆」
「チョコレートの原料、カカオ豆を、どこで誰がつくっているのか、あなたは知っていますか?」

 日本の普通の女の子3人が、アフリカのガーナで出会ったのは、たくさんの子どもたちがカカオ農園で働かされ、学校に通うこともできない「児童労働」という現実。NPO法人ACEでは、2012年12月に迎える設立15周年を記念して制作している
ドキュメンタリー映画「バレンタイン一揆」の特設ページを公開。詳細はこちらから。
このページでは映画の予告編、上演予定、出演者紹介など映画に関する最新情報を見ることができる。

「みなさんのご支援・ご協力によって、これまでに1,000人を超える子どもたちを児童労働から救うことができました。しかし、まだまだ児童労働について考える機会やアクションが少ないのも事実です。児童労働をより身近に感じ、"自分たちにもアクションができるんだ"と思ってもらうため、ドキュメンタリー映画「バレンタイン一揆」を制作しています。映画の制作と上映のために、ご支援、ご協力のほど、よろしくお願いいたします!」(サイトより)

※掲載の写真は映画のサイトより転載したものです。

(取材日 2012年7月18日 東京都台東区)
(2012年7月20日 13:00)
From CANPAN NEWS
東北地方太平洋沖地震支援基金

CANPANプロジェクト

日本財団

CANPANレポート