6月30日 小児がんのQOLについて考えるシンポジウムを開催します【チャイルド・ケモ・ハウス】

CANPAN NEWS
  小児がん治療中の子どもたちと、その家族のQuality Of Life(生活の質)に配慮した、日本で初めての専門施設設立を目指す「チャイルド・ケモ・ハウス」(大阪府茨木市)では「小児がんのQOLについて考えるシンポジウムVol.5」を開催することを発表した。

 今回のテーマは、「小児がんの子どもと家族を支えるスタッフとチャイルド・ケモ・ハウスの人材育成」。シンポジウムについての詳細はこちらからどうぞ。

日時:2012年6月30日(土)13時~15時20分
  (12時開場。シンポジウム終了後16時まで懇親会を予定)

開催場所:臨床研究情報センター(TRI)
     兵庫県神戸市中央区港島南町1丁目5番地4号
     神戸新交通ポートライナー「三宮駅」から乗車12分
     「医療センター(市民病院前)駅下車すぐ」

参加費:参加無料・要予約(200名程度)

申込み:NPO法人チャイルド・ケモ・ハウス事務局
    メール info@kemohouse.jp   FAX   072-646-7073
    お名前、ご連絡先、参加人数をお知らせ下さい。

お問い合わせ
NPO法人チャイルド・ケモ・ハウス事務局
Eメール:info@kemohouse.jp
TEL/FAX:072-646-7073
〒567-0046大阪府茨木市南春日丘7-5-10-207

なお、本サイトで以前インタビューを行ったチャイルド・ケモ・ハウスへの
インタビュー記事はこちらから。

(取材日 2012年6月2日 大阪府茨木市)
(2012年6月 8日 08:00)
From CANPAN NEWS
東北地方太平洋沖地震支援基金

CANPANプロジェクト

日本財団

CANPANレポート