第3回花の頒布会が終了 収益は未来を担う子どもたちのために【SYUNKA】

SYUNKA
 華道家の中村俊月氏が代表を務める花のアトリエSYUNKAが、東北の花々をお届けする「初夏の花の頒布会」を開催したことをブログで報告をした。

 これは東北の高品質の花を適正価格で仕入れ、2週間に1度、計3回に渡りお届けするというプロジェクトで、収益の一部が被災孤児・被災地の子どものための基金「ハタチ基金」へ寄付される。

 今回で第3回目の開催となったSYUNKAの「東北の花の頒布会」。サイトには花材を使用した東北の生産者の名前が掲載されており、福島県5か所と山形県1か所の花が今回のアレンジメントに使用された。

「収益額8,580円をハタチ基金へ支援を行うことができました。改めまして、皆様のご協力を感謝いたします。今後もSYUNKAでは被災地の復興に少しでも役に立てるよう様々な角度から考えてまいります。」(サイトより)

詳細はこちらから。

中村俊月プロフィール

Shungetsu Nakamura 
1975年 横浜生まれ。
華道 相阿弥流(そうあみりゅう)指導師範。

横浜生まれ。華道 相阿弥流師範。
日本の伝統美をヨーロッパの美学と融合させた独特のスタイルと、スペースの持つ魅力を最大限に引き出す企画とデザイン力が、世界中のセレブリティを魅了し、クライアントには、5ツ星ホテル、ファッションメゾンが名を連ねる。

2003 "ふらここ"(草月プラザ, 東京)
2005 "MEMOIRE" (KODJO, パリ)
2007 "one forest" (Galerie Andre & Catherine Heug, パリ)
2008 "my forest in your forest" ( les salaisons, パリ)

(取材日 2012年6月25日 東京都港区)

(2012年6月26日 08:00)
From CANPAN NEWS
東北地方太平洋沖地震支援基金

CANPANプロジェクト

日本財団

CANPANレポート