代表安藤氏が交代を発表 新代表は35歳3児の父【ファザーリング・ジャパン】

ファザーリング・ジャパン代表の安藤哲也氏
 本サイトでも紹介しているNPO法人ファザーリング・ジャパンの代表安藤哲也氏が代表(理事長)を6月30日付で交代することをブログで発表。

7月1からは「副代表」として新代表を盛り立てながら、FJのミッション達成のため引き続き活動(講演会、絵本ライブ、国や自治体の委員など)を続けていくという。

代表の交代理由として、①FJを創設して5年。父親支援事業の拡がりや昨今のイクメンムーブメントを見ても、育児に積極的なパパは確実に増えてきた。流れはできたし、時代環境を見てもこれが後戻りすることはまずない。②僕も今年で50歳。3人目の子どもも4歳になり、もうじき乳幼児の育児も終わる。FJのメインターゲットはこの年頃の子どもがいるパパやプレパパなので、当事者世代のパパが代表を務めた方が、説得力がある。個人的には「思春期対応」や「イクジイ」に興味が移ってきた。③FJの児童養護施設への支援事業「タイガーマスク基金」を独立し、NPO法人化することが決まったので、「次」はその立ち上げと事業推進でロックしたい。(ブログより)

などと安藤氏はコメント。またFJの会員増加でコアメンバーも30代のパパが中心になってきているということも、世代交代の自然な成り行きとなったといえるかもしれない。

FJの新代表に選ばれたのは、安藤氏より15歳年下の吉田大樹氏(35歳)。
(http://k.d.combzmail.jp/t/h8t8/b03vthv0yjkmel0z9tnnw)

吉田氏は3人の子どもがいるパパ。FJには初期の頃から会員としてアサインし、パパとしての経験や温厚な人柄から会員間の信望も厚く、活動では講演や絵本読み聞かせをこなし、東北の被災地支援にも何度も行っている。吉田パパは現在シングルファザーなので、従来からのFJ事業「父子家庭支援」にも良い影響が出る、などが選出理由とのことだ。

「笑っている父親が社会を変える」

この事業理念は、代表が変わっても揺らぐことはない。7月から第2期に突入する新生Fathering Japanにますます期待したい。

安藤氏のブログ「次世代パパへのバトン~FJ代表が交代します!」はこちら
から。

(取材日 2012年6月1日 東京都文京区)
(2012年6月11日 08:00)
From CANPAN NEWS
東北地方太平洋沖地震支援基金

CANPANプロジェクト

日本財団

CANPANレポート