ついに今年度のプログラムがキックオフしました【ブラストビート】

ブラストビート
 5月20日に今年度のプログラムがキックオフをした「ブラストビート」。キックオフのこの日は東京だけで10チーム、100名の参加者が集まり、13の高校、40の大学が集まった。また福島県から参加をしてくれたチームもあったと、当サイトのブログに掲載されている。

プログラムの内容は「自分グラフ」というワークをしながら、自己紹介してお互いを知ることから始まり、会話を交わして「自分グラフ」でお互いを知ったところで、「イベプラ」というワークショップを体験。これがチームとしての初めての共同作業となる。チームの中は、「つくるひと」「支えるひと」「伝えるひと」の3つの役割に分かれ、イベント企画の開始となるという仕組み。各チームごとに作業に取り掛かり、投票。上位2チームには決勝プレゼンが待っている。

調整役として参加した大学生はブログで「僕自身、ブラビのプログラムで、大学生活が大きく変わった人間の一人なので、今回のプログラムではどのようなドラマが待っているのか、今から楽しみで仕方がありません。」とコメントしている。

この日集まった11チームの100名を超える学生とそのメンターとなる人たちにとって、「これからの3ヶ月は楽しいことばかりではないかもしれませんが、それでもチームで力を合わせてこの3ヶ月を全力で駆け抜けた新しい何かにきっと出会えると思います。」(サイトより)

ブラストビートの活動についてはこのブログに掲載されているので、参照願いたい。なお当団体では活動資金の寄付を募っています。詳しくはこちらのWEBサイトをご覧ください。

 NPO法人ブラストビート
 〒165-0024 中野区松が丘2-14-3 VillagePaddy 3C
 http://blastbeat.jp
 お問い合わせ:info@blastbeat.jp

(取材日 2012年5月23日 東京都中野区)
(2012年5月24日 08:00)
From CANPAN NEWS
東北地方太平洋沖地震支援基金

CANPANプロジェクト

日本財団

CANPANレポート