東京朝市・アースデイマーケットが5月27日に開催されます【東京朝市・アースデイマーケット】

東京アースデイマーケット
地球のことを考える日、4月22日のアースデイからおよそ一か月後。5月27日(日) 10:00から16:00まで代々木公園けやき並木で、東京朝市・アースデイマーケットが開催される。

東京朝市・アースデイマーケットは、生産者にとっても、消費者にとっても、互いに直接対話できる滅多にない機会。それだけに、作り手みずからが消費者と直接コミュニケーションすることを大切にしている。

「マーケットをつうじて、出店者と東京の消費者とのつながりが、広がり深まることを願っています。東京朝市・アースデイマーケットには、東京都内をはじめ主に関東エリアでがんばっている農家・生産者が集い、季節感の感じられる旬の食材が並びます。化学肥料や農薬の使用は極力控え、自然なプロセスをつうじて育った元気な農産物と、そうした食材を活用した加工品・飲食品を力強く推奨します。東京朝市・アースデイマーケットの会場では、竹製のテントをはじめ、天ぷら油の回収・リサイクル、古本の回収、マイバッグの利用促進、NPO活動への寄付など、環境や社会貢献に関する活動に積極的に取り組みます。また、フェアトレードグッズの紹介や販売も推進します。」(サイトより)

アースデイマーケットは、都市住民が環境や社会のために「いいこと」を実践するための入口ともいえる。東京朝市・アースデイマーケットの会場では、アースデイマネー「r(アール)」が活発に動き、
会場内で行う資源回収に協力したり、会場の設営をお手伝いいただいた方には「r」をプレゼントするという工夫も。

東京朝市・アースデイマーケットからつながる活動に、農業や野菜づくりに興味をもつ人が参加できる農作業情報を紹介する「きょうからはじめる野良しごと。」手仕事の楽しさを学んだり、食や農の現場を知るなど、日々の暮らしに欠かせない知恵を得るための「暮らしの学校」があり、買うこと、食べることだけではなく、農業や食をはじめ、自然と調和した心地よい暮らし方について学んだり、体験したりするきっかけづくりを行っていくということだ。

イベントは雨天決行で、来月6月17日(日) にも開催予定。イベントの詳細はこちらから。

(取材日 2012年4月25日 東京渋谷区)
(2012年5月11日 08:00)
From CANPAN NEWS
東北地方太平洋沖地震支援基金

CANPANプロジェクト

日本財団

CANPANレポート