初夏の頒布会 締め切りは5月22日までです【SYUNKA】

SYUNKA
 母の日に「LOVE TOHOKU! ブーケ」を通し、ハタチ基金へ寄付する企画を行なった「SYUNKA」では引き続き「初夏の東北の花頒布会」を開催することを発表した。

今回は昨年の秋の頒布会に引き続き3回目の開催となり、隔週日曜日の午前中に、旬を迎えた東北の花々をそのまま花瓶に入れて飾れるように他の花やグリーンと束ねてお届けするということだ。

「花業界最大の物日である母の日を過ぎると、花市場では需給のバランスが崩れやすく、旬を迎える東北産の花々の価格も落ち込みやすい時期となります。東北地方の花の生産者さんたちは、業界を牽引しているトップレベルの方々が多く、その魂のこもった花々は、毎年たくさんの感動を届けてくれています。SYUNKAの頒布会は、その生産者さんたちが再生産可能な適正な価格で仕入れを行い、お客様に東北産の花々の美しさを感じていただきたい」
(SYUNKAのサイトより)

今回も前回と同様、収益を「ハタチ基金」へ寄付するという企画になっている。なおこのお花のご注文締め切りは5月22日までとなっている。

「震災で被災した子どもたちが、社会を支える自立した20歳へと成長する」まで支援を行う"ハタチ基金"とともに小さくても継続的にこの活動を行っていきたい。想いを紡ぎ、花を通して未来に繋がる活動になることを願っている」 代表の中村俊月氏は想いをブログで綴っている。

お花の詳細についてはこちらから。

今回お届けするのは

1回目 5月27日(日) バラ
2回目 6月10日(日) トルコキキョウ
3回目 6月24日(日) カラー です。

ボリュームは2種類からお選びいただけます。

Mサイズ×3回分 14,500円
Lサイズ×3回分 20,000円

どちらのコースも送料込み。
初回5月27日はガラス花器も一緒にお届けいたします。

詳しくは、SYUNKAオンラインショップまで。

(取材日 2012年5月16日 東京都港区)
(2012年5月18日 08:00)
From CANPAN NEWS
東北地方太平洋沖地震支援基金

CANPANプロジェクト

日本財団

CANPANレポート