参加者募集!大学生ボランティア養成研修5月に開催【Chance for Children】

Chance for Children
 Chance for Childrenでは5月26日、27日に子どもと関わる大学生ボランティアを養成するための研修会を実施することをサイトで発表した。

この研修会は専門家の先生方をお呼びして講義形式・実習形式の計2日間の日程で実施される。

講義形式の研修では、子どもと関わっていくために必要な「専門的な知識」を体系的に学ぶことができ。実習形式の研修では
、講義形式で学んだことを「単なる知識」として終わらせるのではなく、自らの体験を通して「経験」にするところまでを学ぶ。

以前この研修に参加した大学生ボランティアは、「子ども一人の人生に関わるボランティアとして責任を持って関わりたいと思った。」「自分自身のこれまでの子どもとの関わり方を振り返る貴重な機会になった。」等と感想を寄せている。研修の詳細や日時などは以下より。くわしくは、こちらのホームページを参照のこと。

■研修日時
(1)講義 2012年5月26日(土)13:00~18:30
(2)実習 2012年5月27日(日)10:00~18:10
※(1),(2)両日の参加が必要です。
--------------------------------------------------------
《参加お申込みはこちらから》
PC  http://ws.formzu.net/fgen/S75839224/
携帯 http://ws.formzu.net/mfgen/S75839224/

■研修場所
プロミス(株)仙台お客様サービスプラザ2F
〒980-0021 宮城県仙台市青葉区中央3-6-7 東日本建物仙台駅前ビル2F
※JR仙台駅より徒歩3分

■対象
被災児童・生徒への支援活動に関心のある大学生・大学院生

■定員
40名
※応募が殺到した場合、男女比・学年等を考慮した上で選考させていただきます。

■参加費
無料 
※自宅から研修場所までの往復交通費、昼食費は自己負担となります。

■はじまりは阪神・淡路大震災
Chance for Childrenは、阪神・淡路大震災で被災した子どもたちの
支援を行ってきた特定非営利活動法人ブレーンヒューマニティー
(http://www.brainhumanity.or.jp/)のひとつのプロジェクトとして、
2009年に発足しました。
そして、2011年3月に発生した東日本大震災に伴い、被災した子どもたちに
対しても継続的な支援を行うため同年6月独立、一般社団法人として設立しました。

■学校外教育クーポンの提供
経済的な理由で塾・予備校・習い事などに行けない子どもたちに、
学校外の教育サービスで利用できるクーポンを提供し、
子どもたちの学校外教育機会を保障しています。

■ブラザー・シスター制度
学生ボランティア(ブラザー・シスター)が月に1回面談や電話で
コミュニケーションをとり、子どもたちの学習や進路についての相談に対応し、
クーポン利用についてアドバイスを行う制度です。
--------------------------------------------------------
■担当者
研修責任者 菅原 聖衣来(スガワラ セイラ)
■お問合せ
tel:022-265-3461  mail:brosis@cfc.or.jp

※掲載の写真はChance for ChildrenのHPから転載したものです。

(取材日 2012年4月11日 宮城県仙台市)
(2012年4月17日 08:00)
From CANPAN NEWS
東北地方太平洋沖地震支援基金

CANPANプロジェクト

日本財団

CANPANレポート