震災から1年 福島の生産者さんの思い これからの農業【スローフード協会×六本木農園】

六本木農園外観 農業実験レストランとして港区六本木に店を構える「六本木農園」では、食や農を学んで探る!「第2回 スローフード勉強会」と題し震災から1年、福島の生産者さんの思いとこれからの農業についてを学ぶイベントが開催される。

 六本木農園では、震災直後より食べることで日本を支えようという取り組みをいち早く「EAT for JAPAN」として行ない、被災地に支援をした。また先月からスローフード勉強会を行なうなど積極的に支援活動を継続している。

 今回のイベントは、「おいしい・きれい・ただしい」を方針に食の生産と消費の関係やよりよいライフスタイルを追求するスローフード協会と、生産者と消費者をつなぐ農業実験レストラン・六本木農園がおくるコラボイベントで今回で第2弾。福島県の生産者さんをゲストスピーカーとして迎え、これからの持続的なライフスタイルや食について探っていくということだ。日時は3月25日(日)15時~20時までで、前半が勉強会後半が懇親会となっている。申込みはws@roppongi-nouen.jp まで。詳しくはこちらから。

(取材日 2012年3月8日 東京都港区)

(2012年3月 9日 08:30)
From CANPAN NEWS
東北地方太平洋沖地震支援基金

CANPANプロジェクト

日本財団

CANPANレポート