緑の薬箱を救え 薬用植物を守ろう【グリーンフラスコ研究所】

グリーンフラスコ研究所 植物を美容や健康に役立てるため「緑の医学(※1)」の考え方に基づいた植物療法を、お客様が生活に取り入れやすいライフスタイルとして提案しているグリーンフラスコ研究所(本社:東京都目黒区)。

 グリーンフラスコ研究所では、緑の薬箱を救えプロジェクトの第5回目として、3月15日木曜日にゼミを開催する。

 ゲストにはJAMHA認定ハーバルセラピストで、一般社団法人ダイバーシティ研究所でハーブ・精油生産者の労働環境をはじめとした企業CSRの調査研究をされていらっしゃる清水圭子さんをお招きし、自然環境や収穫者に配慮したハーブの買い方や視点を学ぶ。

後半にはネットワークミーティングを予定。活動をPRしたい個人やNPO団体の人は活動PRシートをもってぜひご参加いただきたい。定員20名で参加費は1000円(税込)。イベントの詳細、申込みはこちらからどうぞ。

お問合せ 
グリーンフラスコ研究所 
HP http://www.greenflask.com/
電話 03-5731-1340 
E-メール g-flask@greenflask.com

※1 緑の医学

植物の有効成分を活用して私たちの持っている自然治癒力に働きかけ、心身の調和を取り戻すライフスタイルのこと。グリーンフラスコ研究所では、世界中の商品を専門的な視点でチェックし、お客様に自信を持って提供できる商品のみを取り扱っている。"白い薬=医薬品"では得ることのできない"緑の薬=ハーブ"のやさしい自然の威力を是非お試しいただきたい。

(取材日 2012年2月16日 東京都目黒区)

(2012年2月20日 09:00)
From CANPAN NEWS
東北地方太平洋沖地震支援基金

CANPANプロジェクト

日本財団

CANPANレポート