東日本大震災から1年 写真とドキュメンタリー動画を募集【日本財団】

日本財団 東日本大震災の復興支援活動を進める日本財団は、この一環として「写真・動画コンクール ~あれから365日。あなたの目に映るものは~」の開催を決め、作品募集を発表した。

 部門は「写真」と「ドキュメンタリー動画」の2部門で、大震災発生の3月11日から、写真は4月11日まで、動画は4月20日まで募集を受けつけ、5月に最優秀作品が決定する予定だ。

 募集するのは東日本大震災1周年に当たる「今年3月11日に撮影された写真」と「同日を中心に撮影された10分以内のドキュメンタリー動画」。震災関連のイベントや復興に向けた歩み、現在も残る被災の痕、支援を行うNPOやボランティアの活動など東日本大震災に関連する作品であれば、撮影場所などは自由。

 写真部門の募集期間は2012年3月11日~4月11日。Webによる読者投票を参考に日本財団事務局が審査を行い、5月上旬に結果発表の予定。ドキュメンタリー動画部門の受け付けは3月11日~4月20日。動画共有サイトYoutube内の「Nippon Zaidan TV」で公開し、その反響などを参考に日本財団事務局でノミネート作品を選出。5月17日に映画監督の大林宣彦氏ら審査委員が最優秀作品を決定、賞金が贈られる。

詳しくはこちらのサイトを参照のこと。

(取材日 2012年1月31日 東京都港区)

 

(2012年2月 2日 10:00)
From CANPAN NEWS
東北地方太平洋沖地震支援基金

CANPANプロジェクト

日本財団

CANPANレポート