ふくしまキッズにあたたかい支援金を【福島の子どもを守ろうプログラム実行委員会】

ふくしまキッズ夏季林間学校の模様 夏に実施したプログラム「ふくしまキッズ夏季林間学校」の成果を基盤として、福島第一原発の事故の影響から福島の子どもたち守るためにさまざまな活動に取り組む「福島の子どもを守ろうプログラム実行委員会」の「冬のプログラム」がいよいよ今週の24日からスタートする。

 このプログラムは、福島原発事故により、放射線汚染の深刻な影響を受けている福島の子どもたちに、学校長期休暇の冬休みに、何の心配もなく思いきり「子どもをやってもらう」ことと同時に、子どもたちの学びと育ちを支援する教育事業を実施し、多様な体験や人とのコミュニケーションを作り出すことを目的としている。
 
事業計画に賛同する家庭の子どもたち(小学生・中学生)を対象に参加費は往復の交通費相当分のみとし(生活保護家庭は全額無償)、抽選により参加者を決定。

当団体では、冬のプログラムに続いて、現在春休みに実施予定の「春のプログラム」のための支援金の寄付を募っている。

支援について、詳しくはこちらからどうぞ。

(取材日 2011年12月17日 北海道札幌市)

(2011年12月20日 09:30)
From CANPAN NEWS
東北地方太平洋沖地震支援基金

CANPANプロジェクト

日本財団

CANPANレポート