コラボ・スクール大槌臨学舎が12月13日にオープン【ハタチ基金×カタリバ】

女川コラボ・スクールの模様 ハタチ基金の被災地支援事業として女川に続き、コラボ・スクール大槌臨学舎が13日から仮開校した。

受験まであと3ヶ月。受験勉強したいけど、勉強する場所がない。一人だと勉強できない。この学校はそんな想いを持つ大槌町の中学3年生を対象にしている。詳細は以下の通り。

【実施概要】
開始日時(仮開校):平成23年12月13日
開校時間:月曜のみ休校
場所  :上町ふれあいセンター/吉里吉里中学校
     もしくは吉祥寺内
主催  :NPOカタリバ
後援  :大槌町教育委員会・岩手県教育委員会・岩手大学・岩手県立大学
支援企業:日本財団様・サッポログループ様
     その他、全国の法人・個人の方からのご寄付

対象 曜日 場所
大槌中 中学3年生 火・木・金・日 上町ふれあいセンター
吉里吉里中 中学3年生 水・土 吉祥寺 もしくは 吉里吉里中学校

【目的】
(1)震災により限られた条件の中、学習環境が十分とは言えない児童生徒の
   まなびの場を保障するとともに、向学の精神を培う。
(2)教育委員会・小中学校・保護者・民間・NPOの力を活用し、
   児童生徒の学習をより豊かにすることによって、学習習慣の定着と、
   基礎的・基本的な学習内容がしっかりと身に付くように支援する。
(3)児童・生徒1人1人が、志を持ち、
   目標に対して努力できる人材に育つよう支援する。

【実施方針】
(1)学力向上
子どもたちの学力向上を目的に、放課後の授業や個別指導を通じて学習支援を
行います。
(2)子どもたちの居場所に
震災で傷ついた子どもの居場所となり、心の面でもサポートを行っていきます。
(3)さまざまな大人たちとの対話によるキャリア学習
学校では出会うことのない大槌町で働く人々や、講師の先生など様々な大人との
触れ合いを通じて、彼らのキャリア観を醸成します。

【実施方針】
(1)自学自習
(2)自習教材の活用
(3)大学生ボランティアによる個別指導
(4)塾講師による一斉指導

【大槌エリアの選定について】
住居倒壊率、学習塾の営業状態を鑑み、大槌エリアを選定しています。

コラボ・スクール大槌臨学舎は、2012年1月に本開校を予定しています。
※現在、女川町では35%の小中学生がコラボスクールに通っています。
大槌町では、震災前の通塾率を鑑み、段階的に普及していきます。

支援方法についてはこちらから。

詳しくはコラボ・スクールのホームページはこちら。

(取材日 2011年12月13日 岩手県大槌町)

(2011年12月19日 09:00)
From CANPAN NEWS
東北地方太平洋沖地震支援基金

CANPANプロジェクト

日本財団

CANPANレポート