日本発!エコの力で明日を変える 【エコプロダクツ2011】

昨年のエコプロダクツ2010の模様 今年で第13回目を迎える日本最大級の環境展示会「エコプロダクツ2011」が、本日12月15日木曜日~17日土曜日まで東京ビッグサイト(東京江東区)で開催される。

"Green For All, All For Green 日本発!エコの力で明日を変える"をテーマに、今年も多くの企業やNPOが参加し、環境活動の取り組みを紹介する。

3月11日に起きた東日本大震災を経て、各自治体では災害に強い街づくりやエネルギー効率を高めた社会提案を行ない、新たな街づくりの議論やサポートの輪が徐々に広がっている。
それと同時に、日本のエネルギー政策は大きな転換を迫られており、企業は、短期的には節電対策に有効なソリューションを、長期的には再生可能エネルギーへの転換やエネルギーの効率的な利活用、そしてそれにあわせたビジネスモデルの再構築が課題となっている。また生活者においては、電力不足を前提としたライフスタイルへのシフトが必要だと感じ始めている。

これらの課題はエネルギー需給の問題に止まらず、温暖化対策や他の環境問題にも大きな影響を及ぼしているのが現状である。

「エコプロダクツ2011」は、これらの課題解決に役立つ様々な環境技術やエコプロダクツを紹介する展示会。今後、日本としてどのような環境ビジネスを実践し、社会システムを構築していくのか、それに向けて私たちは何ができるのかを考えるよい機会になるかもしれない。

このイベントは入場無料。事前にWEBサイトから来場事前登録をしておくとスムーズだ。

イベントの詳細はこちらから。

昨年のソニーブースの取り組みはこちらから。

(取材日 2011年12月10日 東京江東区)

(2011年12月15日 09:00)
From CANPAN NEWS
東北地方太平洋沖地震支援基金

CANPANプロジェクト

日本財団

CANPANレポート