ふくしまインドアパークがいよいよオープン【ハタチ基金】

ふくしまインドアパークがいよいよオープン
 ハタチ基金は、現地調査をフィードバックしながら2011年3月11日から20年間。0歳から20歳までの被災した子どもたちに必要な支援を段階的に行っている。現在4つの団体が7つの支援活動を実施している。

この12月から新しくスタートするふくしまインドアパークの活動を紹介しよう。

 福島県内の放射能線量の影響で、多くの親御様が「屋外で子どもが遊べない」という不安を持っており、子どもが外で遊ぶ時間が減っている。子どもにとって体をつかって遊ぶことは、心身の成長に必要不可欠なこと。
 そこで、NPO法人フローレンスが東京勝どきにて運営する子育て支援施設「グロースリンクかちどき」内のプレイホールのノウハウを活かし、早期に屋内公園を展開し、子ども達が屋内で安心して遊べる場を提供する。

<期間>2011年12月~2012年3月下旬(延長の可能性有り)
<対象者>福島県郡山市および近隣地区の小学校6年生以下のお子様
<Facebook>こちら

ハタチ基金への支援はこちらから。

問合せ ハタチ基金事務局
mail:kikin@katariba.net 
電話:03-5327-5667  
ツイッター:@hatachikikin

(取材日 2011年11月29日 東京都)
(2011年11月30日 10:30)
From CANPAN NEWS
東北地方太平洋沖地震支援基金

CANPANプロジェクト

日本財団

CANPANレポート