長野県7町村の選りすぐり産品が虎ノ門に集結 【日本で最も美しい村連合】

8月の木曽町
 小さな自治体が力を合わせ、失ったら二度と取り戻せない日本の農山村の景観・文化を守り、付加価値を高めていこうとする緩やかな連合体「日本で最も美しい村」連合。
12月1、2日の2日間、連合に加盟する長野県の7町村選りすぐりの産品が、フォレスタ虎ノ門(東京港区)に勢揃する。

 NPO法人「日本で最も美しい村」連合には39もの町村が加盟しており、その中でも長野県には全国の中でも最多、南信から北信までの加盟している7町村(大鹿村・木曽村・中川村・南木曽町・小川村・池田町・高山村)が、「日本で最も美しい村」連合の目的や活動方針を基に協働し、長野県内の美しい地域の情景や取り組みを全国に発信している。

 当日は、果物や酒をはじめ様々な産品が並ぶ他、両日ともに「お餅つき大会」も開催され、賑やかになフェアになるだろう。詳しくはこちらから。

日時:2011年12月1日(木) 11:00~18:30
        2011年12月2日(金) 11:00~14:00
       ※両日ともに12:00~13:00はお餅つき大会
 
場所:フォレスタ虎ノ門/森バール 
    東京都港区虎ノ門1-14-1 郵政福祉琴平ビル1階
    tel.03-5510-7018

主催:「日本で最も美しい村」連合 長野県会議

協賛:フォレスタ虎ノ門、NPO法人日本財団CANPANプロジェクト

※掲載した画像は、「日本で最も美しい村」連合のサイトよりお借りしたものです。

(取材日 2011年11月17日 東京都港区)


(2011年11月22日 10:30)
From CANPAN NEWS
東北地方太平洋沖地震支援基金

CANPANプロジェクト

日本財団

CANPANレポート