東北の花々をお届けする「秋の頒布会」開催決定【SYUNKA】

夏の頒布会の花
 華道家の中村俊月氏が代表を務める花のアトリエSYUNKAが、東北の花々をお届けする秋の「花の頒布会」を開催することが決定した。夏にも開催されたこの「花の頒布会」。東北の高品質の花を適正価格で仕入れ、2週間に1度、計3回に渡りお届けするというプロジェクトだ。収益は被災孤児・被災地の子どものための基金「ハタチ基金」へ寄付される。中村氏は「規模は小さくても東北の人たちと協力して一緒にやっていきたい。想いを紡ぎ、花を通して未来に繋がる活動になることを願っている」と想いを語っている。

 今回は、東北の短い秋に出荷されるダリア、カラー、バラが、厳選して届けられる。花瓶に入れるだけで飾れるよう他の花やグリーンと束ねた状態で届けらるので、自宅用はもちろん贈り物としても楽しめるのが嬉しい。

注文は10月17日までSYUNKAオンラインショップにて受け付けている。

以前、本サイトに熱い想いを語ってくださった中村俊月氏の独占インタビューはこちらから。

中村俊月プロフィール

Shungetsu Nakamura 
1975年 横浜生まれ。
華道 相阿弥流(そうあみりゅう)指導師範。

横浜生まれ。華道 相阿弥流師範。
日本の伝統美をヨーロッパの美学と融合させた独特のスタイルと、スペースの持つ魅力を最大限に引き出す企画とデザイン力が、世界中のセレブリティを魅了し、クライアントには、5ツ星ホテル、ファッションメゾンが名を連ねる。

2003 "ふらここ"(草月プラザ, 東京)
2005 "MEMOIRE" (KODJO, パリ)
2007 "one forest" (Galerie Andre & Catherine Heug, パリ)
2008 "my forest in your forest" ( les salaisons, パリ)

(取材日 2011年10月13日 東京都港区)


(2011年10月14日 10:30)
From CANPAN NEWS
東北地方太平洋沖地震支援基金

CANPANプロジェクト

日本財団

CANPANレポート