パパが発信"子どもの被ばく問題"に関する緊急フォーラムを東京で開催【ファザーリング・ジャパン】

CANPAN NEWS
「笑っている父親」を増やすことを目指し「家族のあり方」に常に向き合いながら、父親支援事業を個人・社会に積極的に働きかけ全国各地で活動を展開しているNPO法人ファザーリング・ジャパン。
「震災分離家族ケアプロジェクト」をはじめ、東日本大震災における支援活動も行っている同団体が、本日緊急フォーラムを開催する。今回は震災をきっかけに発生した東京電力福島第一原子力発電所の事故の影響により、心配されている"子どもの被ばく問題"を考えるためのプログラムとなっている。

・日時: 2011年10月11日(火)18:30~21:00(18:00開場)
・場所: 文京区民センター 2-A会議室(住所:東京都文京区本郷4-15-14)
・定員: 200名 ※専門の託児所は設けませんが、乳幼児連れ承知のイベントです。 
 会場後方にシートを敷いてキッズコーナーを設置しますのでご利用ください。
・参加費: 1,000円(参加費の一部はパパエイド募金に寄付し、福島の子ども支援活動に活かします)

まだ席に余裕があるので、ご関心ある方は当日直接ご来場ください。詳しくはこちらから。

以前、CANPAN NEWSがファザーリングジャパン代表 安藤哲也さんにお話を伺った際の記事はこちらから。

(取材日 2011年10月11日 東京都文京区)
(2011年10月11日 14:30)
From CANPAN NEWS
東北地方太平洋沖地震支援基金

CANPANプロジェクト

日本財団

CANPANレポート