女川向学館が長期インターンを募集【カタリバ】

女川向学館の教室の様子
 先日本サイトでも掲載したNPOカタリバが運営する女川向学館が長期インターンを募集している。

東日本大震災による津波により、大きな被害をうけた宮城県牡鹿郡女川町。NPOカタリバは、そこに住む全ての子どもたちに「この苦しい経験をバネにして、さらなる高い志を持ちそれを実現していける強さと力を持ってほしい」と、教育委員会・学校・学習塾の講師・地域の人たち、そして遠くから応援する寄付者の人たちと共に、みんなで子どもたちを育てる学校"コラボ・スクール"の第一校目として7月より女川向学館をスタートさせた。

現在、女川町に住む児童・生徒の約3分の1が通い、教科学習・キャリア学習等を行なっている。今回は長期にわたり、児童・生徒に対して学習支援と動機づけを継続的に行う現地スタッフを募集している。

※この募集は、正社員雇用の募集ではありません。半年間、女川町の方々と協働しながら子どもたちの意欲を引き出し、支える、インターンシップ型ボランティアです。

詳細と登録など、詳しくはこちらから。

(2011年10月 8日 10:30)
From CANPAN NEWS
東北地方太平洋沖地震支援基金

CANPANプロジェクト

日本財団

CANPANレポート