エコ窓を普及して暮らしやすい日本をつくりたい【マテックス株式会社】

マテックス代表の松本浩志氏 マテックス株式会社(本社:東京都豊島区)は、防犯対策、エコ配慮などの様々な機能を備える「窓ガラス」「サッシ」を主体に、快適な住まいづくりに欠かすことのできない多様な商材を扱う窓の卸事業を展開する企業。企業スローガンは"その窓に未来を描く"。マテックスは、東日本大震災に見舞われた被災者に対する復興支援プロジェクト「EcoMado Aid(エコマドエイド)(※1)」を発足し、住宅版エコポイントの対象商品(「ガラス交換」「内窓の設置」「外窓の交換」)の売上金額の一部を拠出し、エコマドエイドによる支援金を日本財団ROADプロジェクトに寄付している。詳しいインタビューはこちらから。

※1 EcoMado Aid(エコマドエイド)
東日本大震災に見舞われた被災者に対する復興支援プロジェクト「EcoMado Aid(エコマドエイド)」を発足。住宅版エコポイントの対象商品(「ガラス交換」「内窓の設置」「外窓の交換」)の売上金額の一部を拠出し、被災地の復興に充てる直接支援と、非被災地の節電生活を推進する間接支援を両輪で展開することで復興の一端を担うことを目的としている。詳しくはこちら

(取材日 2011年7月19日 東京都豊島区)

(2011年8月12日 10:00)
From CANPAN NEWS
東北地方太平洋沖地震支援基金

CANPANプロジェクト

日本財団

CANPANレポート