伊勢丹キッチンステージに六本木農園が期間限定出展【農家のこせがれネットワーク】

キッチンステージ六本木農園のメニューの一部 「農業をあこがれの職業にしたい」農家のこせがれネットワークは地域から発信される幸せな食を次世代に伝えていこうと、豊かな農業に向け新しいモデルづくりを推進する非営利活動法人。現在当団体がプロデュースを手がける農家実験レストラン六本木農園が、新宿伊勢丹のキッチンステージに出展中。(8月3日~16日まで開催)

 伊勢丹のキッチンステージといえば、人気レストランの料理長自らがメニューを考え、旬の野菜や新鮮な食材をふんだんに使い、目の前で実演をするカウンタースタイルの企画。今までもあらゆるジャンルの料理人たちが腕を振るい話題となっている。

 訪れたこの日も12時を前に満席で店の外には席が空くのを待つ女性の列。グルメな奥様方を中心に客が足を運んでいる。おかげでキッチンは開店から大忙しの様子だ。メニューは特別コースとなっている。六本木農園舘野真知子料理長が考える旬の味覚を堪能できるコース2310円を、作っているキッチンの目の前で頂ける、なんとも贅沢な環境だ。一品一品手の込んだオリジナルのメニューと合わせ、そのレシピを客に配る。つまり食べるだけでなく、味を覚えて作ってもらうところまでが一つのコースになっているのだ。「まさか伊勢丹で農業に感動するなんて思わなかった。来て下さった方がこう感じて頂けたら嬉しいです。」こせがれネットワークの脇坂氏はこのように語る。

 震災復興を願い各地でマルシェが開催され、被災地の野菜を買おう、野菜を普及させていこうという試みがある中、風評被害などで被災地の野菜がなかなか売れていないのも現状。日本が誇る「食」、農業の素晴らしさを日本の中にもっと普及させ、次世代(農家のせがれやこせがれ)に伝えたい。今後も農家のこせがれネットワークの活躍に期待したい。

伊勢丹キッチンステージ~六本木農園~
8月3日(水)~8月16日(火) ※8月9日(火)は店舗休業日
●各日10時30分~8時/ラストオーダー:7時/座席:17席 
<六本木農園>のメニューを、伊勢丹で味わってみませんか。農家直送のこだわりの野菜や新鮮なお肉など、旬の食材のおいしさを最大限に引き出す舘野料理長のクリエイションにご注目ください。
<メニュー>
甘酒のグラニテ/ジャンボなめことバジルの軽いフリット パプリカソース添え/蓮根のエスニック風生春巻き 酒粕とナンプラーのソースで/じゅんさいと夏野菜の冷たいお吸い物 梅の香り/とうもろこしごはん 炒り玄米の香りを添えて もしくは 焼きあじと茗荷の炊き込みごはん/8月3日(水)~8日(月)は、みやじ豚の塩糀ロースト/葉野菜のサラダ 南蛮ドレッシング、8月10日(水)~16日(火)は、地鶏の塩糀ハーブロースト/葉野菜のサラダ 南蛮ドレッシング(1人前) 2,310円
※8月5日(金)・8月12日(金)はセミナー開催のため、12時からの営業となります。
詳しくは係員におたずねください。
伊勢丹キッチンステージのホームページはこちら。 

(取材日 2011年8月6日 東京都新宿)

(2011年8月 8日 14:30)
From CANPAN NEWS
東北地方太平洋沖地震支援基金

CANPANプロジェクト

日本財団

CANPANレポート