NPO・ボランティア団体の助成合計695件に【日本財団ROADプロジェクト】

日本財団ROADプロジェクト 日本財団は、東日本大震災の被災地支援を速やかに進めるため、全国のNPO法人とボランティア団体に呼びかけた『100万円サポート』の第9次助成先を8月10日に決定した。
支援活動助成プロジェクトは、NPO法人やボランティア団体、公益法人が被災地で行う事業活動に対し100万円を上限に必要な経費を助成し、支援活動の輪を広げるのが狙いだ。
今回決まったのは第9回分、NPO・ボランティア団体の助成先145件。
被災地にある岩手県14団体、宮城県36団体、福島県16団体や、東京都33団体など計139団体が対象だ。
事業内容は、がれき撤去、仮設住宅への支援物資や住宅環境改善、障害者・福祉施設支援、子育て支援・被災者交流、被災者自立支援など多岐にわたる。
また第1回から第9回までの合計は685団体で、行う695事業に対し計6億6190万円が助成されることとなった。

決定事業の一覧はこちらから。

(取材日 2011年8月10日 東京虎ノ門)

(2011年8月18日 15:30)
From CANPAN NEWS
東北地方太平洋沖地震支援基金

CANPANプロジェクト

日本財団

CANPANレポート