被災地から親子を招きキッザニアでイベント開催【株式会社テレビ東京】

キッザニアで行なわれたイベントの様子 子ども向けのアニメ番組や情報番組、バラエティ番組などを放送している株式会社テレビ東京(本社:東京港区)は、7月7、8日に「地デジ7チャンてれとの日」のイベントとしてキッザニア東京(東京江東区)を夕方から貸切りにし、はとバスのご協力を得て、送迎バスで福島県から避難されているお子さんたちと保護者の方を招待するイベントを開催した。
参加人数は2日間で合計267名。会場は「てれとの日」をテーマに、各社とテレビ東京のコラボレーション企画となり、その他オリジナルイベントとして「スタンプラリー」「アナウンサーとのじゃんけん大会」「ピラメキたいそうを皆で踊る」など盛りだくさんの催しが行なわれ、参加した子どもたちは様々なパビリオンやイベントに目を輝かせて楽しんでいたということだ。
その他、ピカチュウ、ナルト等の人気キャラクターの着ぐるみが登場しての記念撮影等も行ない、会場の模様は『ピラメキーノ(※1)』(7日)、『サキよみジャンBANG!』(8日)と、テレビ東京の子ども向け番組に中継も行なった。

テレビ東京は4月、被災地の子どもたちが新学期に必要な文具類や、遊べて喜んでもらえるものをと考え、『ピラメキーノ』のオリジナルグッズの中から、じゆうちょうやぬりえ、パズル、ペンセット、ぬいぐるみペンを日本財団を通じて福島へ送った。
「それぞれが原点に戻った部分が多いと感じました。今回の地震を受けて、報道、スポーツ、旅番組、バラエティ番組など、どの番組でも内容を東北に向けた企画に変更し番組制作をする中で、いろいろと振り返りましたね。自分たちが制作をし放送した番組がものすごく人に喜んでもらえるという"原点"。
東北という土地が、私たちの日々の生活や事業活動とこんなにも繋がっていたこと。社会と事業活動とのつながりの深さなど、貴重な気づきがありました。これからもメディアとしてできることをしていきたいと考えています。」(テレビ東京総務局総務部山田由美子さん)

また、テレビ東京の支援活動やインタビューの様子のつづきはこちらからご覧いただけます。

※1 ピラメキーノ
ピラメキーノオフィシャルホームページ
テレビ東京系列で2009年4月6日から放送されている、お笑いタレントのはんにゃとフルーツポンチの2組がメイン司会を務める子供向けお笑い情報バラエティ番組で、たくさんのオリジナルキャラクタ-が登場する。
放送時間は月曜日から金曜日まで18:30-19:00までの30分間。(一部地域を除く)

※掲載した写真は、テレビ東京からお借りしたものです。

(取材日 2011年6月28日 港区虎ノ門)

(2011年7月21日 13:00)
From CANPAN NEWS
東北地方太平洋沖地震支援基金

CANPANプロジェクト

日本財団

CANPANレポート