女性や子どもたちもが収入を得られる支援事業【今一生氏】

『社会起業家に学べ!』の著者 今一生氏 被災地石巻へ取材を行ない自らも支援活動を行なっているフリーライターの今一生氏が、被災した人たちの自立を支援する2つの事業を立ち上げた。1つ目は今回の大震災を生き延びた経験を、被災者自信が語る講演会を日本全国はもとより、海外などでも開催し、入場料収入を得る「講演事業」。講演する際には、現地を取材したフリージャーナリストが動向し、講演経験のない被災者をサポートする。1回の講演で講演者(被災者)が受け取ることができる講演料は、5万円~7万5千円ほどを予定。小学校5年生以上であれば、誰でも参加することができる。
そしてもう1つは、10歳から19歳までの子供たちから震災体験記を募集して、書籍化して出版する「原稿執筆事業」。体験記が採用された子供には、1本につき1万円以上の原稿料が支払われるという。
力仕事のできない女性や子供たちでも収入を得ることができる、自立支援活動として注目を集めている。
詳細、問い合わせは今一生さんのブログまで。

オルタナティヴでいこう! ~告知ブログ
http://www.createmedia.co.jp/

ツイッターアカウント
@conisshow

(取材日 2011年5月17日 千葉県)

(2011年5月18日 13:00)
From CANPAN NEWS
東北地方太平洋沖地震支援基金

CANPANプロジェクト

日本財団

CANPANレポート