眼鏡の修理や眼鏡を無償で提供【メガネ・パリミキ】

メガネ・パリミキ 本社を東京品川区に構える「メガネ・パリミキ」は震災を受け、避難所を巡回して眼鏡の修理のほか、視力測定をして既製品の中から比較的合った眼鏡(近視、遠視、老眼用)の無償提供を行なっている。補聴器用の電池や女性用基礎化粧品も提供しているということだ。巡回の日程など詳細はこちらから。

当グループ各店および被災された地区(避難所や仮設住宅等)において、被災地域(岩手県・宮城県・福島県の全域、青森県・茨城県の一部)の皆様へ下記内容にて対応をさせていただきます。

1.メガネの無償修理
2.当グループで災害に備えて平時より準備しております、緊急用メガネ(近視用・遠視用・老視用)3万本の無償提供
3.既製老眼鏡3500本の無償提供
4.コンタクトレンズ備品および眼鏡関連用品の無償提供
5.補聴器の試聴器300台の無償提供(3月29日以降の予定)
6.補聴器用電池5000パックを無償提供
7.当グループが開発した保湿性の高い基礎化粧品の無償提供
8.被災されてお困りの方がメガネを店舗で作製される場合、ご希望によりお客さまの都合のよい時期まで代金のお支払いを猶予ささせていただきます。
(6月30日までを期限としておりますが、状況に応じて延長することも考えております。)

(取材日 2011年5月11日 東京品川区)

(2011年5月12日 15:00)
From CANPAN NEWS
東北地方太平洋沖地震支援基金

CANPANプロジェクト

日本財団

CANPANレポート