玄関先に未来へのメッセージボードを掲げる【岩手県立水産科学館】

岩手県立水産科学館 岩手県宮古市日立浜町の県立水産科学館では、来館者が思いを書き込む「未来へのメッセージボード」と題して、玄関口に魚やカニなどの絵で縁取った模造紙を掲示板に張った。早速、励ましの言葉が寄せられ、津波で被災した人たちを感激させているという。震災について「悲しみや悔しさ、希望、励まし、海への思い。ありのままに書いてもらうことで、みんなが前に踏み出してほしい」と、館員の梶山氏はコメントしている。県立水産科学館は9時から16時30分(但し、入館は16時まで)開館、休館月曜日(国民の祝日と重なる場合は翌日)。当面入場料は無料。詳しくはこちらから。

(取材日 2011年5月8日 岩手県宮古市)

(2011年5月 9日 16:00)
From CANPAN NEWS
東北地方太平洋沖地震支援基金

CANPANプロジェクト

日本財団

CANPANレポート