ありが豚(トン)応援サポーター募集 【農家のこせがれネットワーク】

農家のこせがれネットワーク ありが豚応援サポーター募集 甘みが強くジューシーな豚肉、宮城県白石の特産品"蔵王ありが豚(トン)"は、竹炭飼育を利用し美味しい豚の「血統」にとことんこだわった宮城が誇るブランド豚。この豚も震災による未曾有の津波の影響を受け、養豚場は壊滅的な状況となったという。この被害をうけ、何もかもがなくなってしまったその地で、もう一度再起をかけて少しづつながらも動き出した高橋さん一家を応援しようと、農家のこせがれネットワークは支援ページを作成。1サポート10000円。このお金は、豚舎の復旧と豚の飼料代に使われるという。養豚業が再開した折には、サポーターのみなさんにありが豚が配られるということだ。

「震災前に2000頭いた豚も被災し、生き残ったのはわずか93頭。経営者の高橋氏らの懸命の世話にもかかわらず、崩壊した農園の設備の中では満足な飼料を与えられず、子豚は寒さで尊い命を失い、親豚はやせ細るばかりです。みなさまありが豚をよろしくおねがいします。」(サイトより)

※ 掲載した写真は農家のこせがれネットワークより転載。

(取材日 2011年5月5日 東京六本木)

(2011年5月 8日 11:00)
From CANPAN NEWS
東北地方太平洋沖地震支援基金

CANPANプロジェクト

日本財団

CANPANレポート