福島県いわき市を支援しています 【ホールアース自然学校】

青い空福島県いわき市の様子 静岡県富士宮市下柚野を本部として活動するホールアース自然学校(※1)では、震災で被災された方々への支援活動を実施している。本サイトでも以前OSUSOWAKE DIALOGUEでの現地支援の模様を紹介をしたが、福島県いわき市を中心に被災地支援活動中。阪神・淡路大震災(1995年)、新潟県中越地震(2004年)などでの災害救援活動の経験を活かし、スタッフ複数名を現地に派遣し、物資の提供・子どもたちへのケア・倒壊家屋の片付けなど、復興に向けた様々な活動を地域の方々とともに行っている。ホールアース自然学校の支援活動についてはこちらのブログから。

※1 ホールアース自然学校
静岡県富士宮市を拠点に全国6か所で「人、自然、地域が共生する社会をつくろう」をキャッチに1982年に設立されたアウトドアや野外教室の運営等活動をおこなうNPO団体。現在東日本大震災で被災された方々へ支援活動を実施。阪神・淡路大震災(1995年)、新潟県中越地震(2004年)などでの災害救援活動の経験を活かし、スタッフ複数名を現地に派遣し、物資の提供・子どもたちへのケア・倒壊家屋の片付けなど、復興に向けた様々な活動を地域の方々とともに行っている。

※掲載した写真は、ホールアース自然学校支援活動ブログより転載したものです。

(取材日 2011年4月27日 福島県いわき市)

(2011年4月28日 16:00)
From CANPAN NEWS
東北地方太平洋沖地震支援基金

CANPANプロジェクト

日本財団

CANPANレポート