ジブリ作品を見に行こう【福島県立美術館】

福島県立美術館 福島県立美術館(福島市森合)は3月11日の震災以来、開催中だった「スタジオジブリ・レイアウト展」を中断していたが、昨日、4月26日から再開したことを発表した。詳しくはこちらより。

「これまで多くの人々に希望や勇気や感動を与えてきた宮崎駿、高畑勲監督らのアニメーションの世界が、いまの福島の人々にとってなにがしかの心の支えになってくれれば。」と館長がコメント。(美術館サイトより)

 また今回震災とあわせて所蔵作品による「ふるさと・祈り・再生」展も開催。国内外の芸術家たちのふるさとへの思いや生や死をめぐる希求が昇華されたそれぞれの作品の世界は、さまざまなかたちでわたしたちの生きる力を鼓舞してくれるもの。「崖の上のポニョ」などスタジオジブリ作品の設計図である「レイアウト」約1300点の企画も合わせてご覧いただきたい。開催は5月22日まで。

福島県立美術館 
〒960-8003 福島市森合字西養山1番地
9:30~17:00(最終入館は16:30まで)
月曜日(祝祭日をのぞく)
祝祭日の翌日(土・日にあたる場合は開館)
※館内消毒等のため臨時休館することがあります。
ホームページ http://www.art-museum.fks.ed.jp/menu_j.html
電話024-531-5511

(取材日 2011年4月27日 福島県福島市)

(2011年4月27日 14:00)
From CANPAN NEWS
東北地方太平洋沖地震支援基金

CANPANプロジェクト

日本財団

CANPANレポート