石巻のリアルな様子を語ります 【今一生氏】

宮城県石巻を訪れた今一生氏 先日宮城県石巻市入りした今一生氏が、震災1カ月後の石巻の被災地報告会を今週木曜日、千葉大学にて行うことを自身のブログで発表した。

「東日本大震災から1ヶ月後の4月11~12日まで、被災地の一つである宮城県石巻市を中心に取材してきました。その様子は、昨今テレビや新聞で報じられているような復興や希望のきざしが見られるような落ち着いた状況ではなく、"有事"そのものでした。東京発、全国行きのマスメディアは、支援物資も十分に届かない避難所や民家がたくさんあることを十分に伝えていません。そこで、現地の画像を豊富に紹介し、地元の現況が正確にわかる報告会を行います。まさに今必要な支援の内容や、今後の復興支援に必要なソーシャルビジネスモデルについてもお話しします。」

メディアが伝えていない被災地のリアルな姿を知りたい方。少しでも被災地を支援したいけど、何をしていいかわからない方。その他、宮城県出身で地元の現況が気になる方など、どなたでも参加可能。

■被災地の現状と今後の展望 報告会 in 千葉大学

●日時:2011年4月21日(木)午後6時30分~8時(※その後、近所で懇親会あり)
●場所:千葉大学 工学部2号棟 6階アトリエ
    (JR総武線・西千葉駅/改札を左に出て徒歩2分)
●出演:司会/田内隆利(千葉大学工学部デザイン学科助教)
      講師/今一生(フリーライター ※下の写真)
●入場:無料(※千葉大生でなくても参加可。予約不要)
●主催:B面カフェ
●後援:千葉大学デザイン学科
●お問い合わせ:tauchi@faculty.chiba-u.jp
                      TEL:080-5440-7204(田内)
●中継:下記のチャンネルでUstream生中継を予定
http://www.ustream.tv/channel/side-b-cafe

詳しくはこちらから。

(取材日 2011年4月19日 千葉県千葉市)

(2011年4月19日 15:30)
From CANPAN NEWS
東北地方太平洋沖地震支援基金

CANPANプロジェクト

日本財団

CANPANレポート