被災地に花を贈る社会貢献イベント開催【ソーケングループ】

被災地に花を贈る社会貢献イベント 「被災地に花を贈る」を合言葉に、5月8日の母の日、ソーケングループの社会貢献イベントが横浜ベイホールで開催される。
 ソーケングループの有吉社長は、イベントの狙いについて「いま被災地では生花が少なく、遺体安置所や仮埋葬地に花を供えられず、遺族が心を痛めています。できれば避難所や仮設住宅にも花を届けたい。一方、弊社が日頃からパートナーとして福祉作業所で活動している農園では、逆に花の売上が落ち込んで困っているところもあります。福祉作業所のお花と、被災地のコラボができるよう作業を進めています」と話す。
 「Next Standard vol.13(注1)」と名づけられたこの催しは、盲目アーティスト栗山龍太と盲導犬ダイアンを始め、伊吹唯らシンガー・ソングライター5名が出演するほか、YORIYASU監督の制作した映画「RE:Map」を上映するなど盛りだくさんのメニューが用意されている。開催は震災以前に決まっていたが、被害の大きさを受けて、急遽テーマを変更することになった。
 当日の売上は、安置所・仮埋葬地の花代に充てられる予定。ちなみに、横浜・川崎の在住・在勤者であれば入場無料となるので、連休の締めくくりに足を運ばれてみてはいかがだろう。

今まで行なわれたイベントの模様はこちらからどうぞ。
 
注1「Next Standard vol.13」...ソーケングループプロデュースの社会貢献ライブイベントとしては、今回が4回目。5月8日(日)横浜ベイホール 15:30開場、16:00開演。

(取材日 2011年4月18日 東京東陽町)

(2011年4月19日 13:00)
From CANPAN NEWS
東北地方太平洋沖地震支援基金

CANPANプロジェクト

日本財団

CANPANレポート