岩手、宮城、福島 弔慰金・見舞金の支給【日本財団】

CANPAN NEWS 日本財団では被災者のために弔慰金、見舞金を支給しております。これは東日本大震災で亡くなった人や行方不明者一人あたり各5万円の弔慰金や見舞金を原則として一親等の遺族、親族代表者に贈るものです。既に4月4日から6日まで宮城県石巻市と女川町で実施し、このたび第2弾として、13日から岩手県、宮城県、福島県の各自治体で実施いたしております。

各支給場所はこちらです。

支給先一覧

なお、震災の被害状況により行方不明者の名簿が整わない自治体もありますので、ホームページをご確認ください。

手続きにつきましては、亡くなった人や行方不明者の氏名と本人との続柄などを所定の用紙に記入、市や町から提供された死者・行方不明者名簿と照合し、その場で弔慰金や見舞金をお渡しいたします。

支給対象者は、今回の災害で死亡、あるいは行方不明となられた原則、1親等(父母と子)、または配偶者の遺族です。本人との関係を示す証明書、受取人の身分を証明するもの(免許証、保険証など)をお持ちください。なお、自治体が発行する死亡証明証をお持ちの方は、手続きが簡単になります。

日本財団といたしましては、全ての被災者の方に支給したいと考えておりますので、支給先一覧に記載の期日を過ぎましても準備が出来次第対応いたします。

くわしいお問合せ

日本財団災害支援センター 
http://road.nippon-foundation.or.jp/
電話 0120-65-6519
※IP電話については、050番号など一部つながらないものがございます。

(取材日 2011年4月13日 東京赤坂)

(2011年4月15日 16:00)
From CANPAN NEWS
東北地方太平洋沖地震支援基金

CANPANプロジェクト

日本財団

CANPANレポート