「君はひとりじゃない」子どもたちが二十歳を迎える日まで【ハタチ基金】

ハタチ基金イメージロゴ 被災孤児、及び被災地の子どもの心のケアに合わせ、学び・自立の機会を継続的に提供する基金が"ハタチ基金"として設立された。この基金は、大震災の発生時に0歳だった赤ちゃんが、無事にハタチを迎えるその日まで、子どもたちのサポートを継続的におこなうという期限付きの基金。ハタチ基金を主催するのは、高校と連携し、生徒と先輩のナナメの関係によるキャリア教育プログラムの実施、きっかけ作りを提案するNPOカタリバ
また、集まったお金の使途については、現在文部科学省や現地NPOなどと連携しながら、現地の状況を把握し、被災地の子どもたちに本当に必要な支援の仕方を検討中。現地では、今はまだ生活支援が求められているというフェーズ。生活支援のフェーズがひと段階落ち着いた頃にこそ、ハタチ基金の設立目的である、子ども・若者の笑顔と学び復興による自立支援が必要になってくるだろう。その時に、子どもたちに適切な支援ができないことのないように、ハタチ基金では、今から本当に必要になる支援を現地の声をもとに、検討していくということだ。支援についてはこちらから。

主催
NPOカタリバ  http://www.katariba.net/
日本財団  http://www.nippon-foundation.or.jp/
CANPANセンター  https://canpan.info/index_view.do

問合せ ハタチ基金事務局
HP:http://www.hatachikikin.com/index.html
mail:kikin@katariba.net
電話:03-5327-5667 
ツイッター:@hatachikikin

(取材日 2011年4月8日 東京都)

(2011年4月 9日 14:00)
From CANPAN NEWS
東北地方太平洋沖地震支援基金

CANPANプロジェクト

日本財団

CANPANレポート