NYユニオンスクエアでも追悼イベント【Act For Japan in US】

あたたかいメッセージの書かれた日本国旗  震災発生からおおよそ1ヵ月経った4月10日(日)、アメリカNYのユニオンスクエアパークで震災の追悼イベントが行なわれた。東日本大震災を受け、立ち上げられた団体"Act For Japan in US"は、現地時間午後3時~夜8時までの5時間、追悼イベント"United Hope For Japan "を主催。現地に住む日本人の他、アメリカ人、中東やアジア出身の人も含めた合計30名がイベントをサポートした。会場には500名程の人たちが集まり、COBU(鼓舞)さんによる太鼓のパフォーマンスを始め、NYで活躍するアーティストたちによるパフォーマンスや、キャンドルの下で様々な国籍の人たちが積極的に日本国旗に手書きメッセージを記入、Facebookに掲載する写真やメッセージを寄せるなど、被災者へ哀悼の意を表した。United Hope For Japanのスタッフは、寄付をしてくださったひとりひとりに平和の象徴である鶴の折り紙を渡し、参加者を喜こばせた。イベントに参列したある中東の(おそらくバングラディッシュ人)年配者は、「私が小さい頃、日本が自国に援助を送ってくれたことを憶えている。日本は常に多くの国を助けてきた。今回は自分が助ける番だ。」と声を掛けてきたという。同イベントで集められたすべての収益は$3360.63(4月13日現在日本円で282415.58円)は、ニューヨーク日系ライオンズクラブを通して、被災者救援に役立てられるということだ。ファンページのFacebookはこちらから。

【お問合せはこちら】
Act For Japan in US
Email:Actforjapan.us@gmail.com
ファンページFacebook:http://www.facebook.com/actforjapaninnewyork

※なお、掲載した写真は、Act For Japan in USよりお借りしたものです。

(メール取材 2011年4月13日 New York.USA)

(2011年4月14日 16:00)
From CANPAN NEWS
東北地方太平洋沖地震支援基金

CANPANプロジェクト

日本財団

CANPANレポート