宇都宮で被災者に温かい紅茶を【Y's tea】

y's tea店内の様子 紅茶を通した社会貢献を継続する栃木県宇都宮市の紅茶ショップ「Y's tea(ワイズティー)」では、店の客でもあるアーティストたちによる手作りの絵や、茶渋を掃除するアクリルたわしなどを店頭で販売し、その代金の全てを募金するというチャリティアートイベントを実施中。

 4月1日金曜日には、宇都宮市にある避難所で紅茶セラピーを開催し、避難者に温かい紅茶を振舞う予定。また、絵本の読み聞かせなども行うなど、避難所の子どもたちに対してのケアも行うという。

「屋根が崩れたり、水が濁ったりと紅茶教室の生徒さんの中でも結構な被害がありました。そんな生徒さんたちも紅茶教室は楽しみにしてくれていましたので、教室も早々に再開しました。現在はその授業料の一部は義援金に回し、受講者からも東北の復興に支援できるいうシステムにしています」(オーナー・根本泰昌さん)
 ショップは帰宅困難者や被災者が寄ることができるように震災翌日からオープン、ティールームも16日から再オープン。計画停電がない限り現在も通常営業中だ。

Y's tea
http://www.y-tea.com/

ブログ紅茶で世界をハッピーに☆(根本さんのブログ)
http://ameblo.jp/y-teaowner/

(取材日 2011年3月29日 栃木県宇都宮市)

(2011年3月30日 09:30)
From CANPAN NEWS
東北地方太平洋沖地震支援基金

CANPANプロジェクト

日本財団

CANPANレポート