「日本は大丈夫」外国人観光客の笑顔を世界に配信【#smile_japan project】

CANPAN NEWS 東北地方太平洋沖地震の影響で、日本に滞在中の外国人観光客の間に動揺が起きている。外国人旅行者の多い宿泊施設には大量のキャンセルが発生、すでに宿泊しているゲストの家族からは、心配する連絡が相次いだ。

「日本はあぶない」という風評が広がり、ゲストハウス、ホステルなどが被害を受ける中、浅草、京都、別府などにあるゲストハウス「カオサン東京」を中心とした全国のゲストハウスは、外国人旅行者や施設スタッフたちの笑顔写真を、メッセージと共に配信する「#smile_japan project(スマイルジャパンプロジェクト)」を開始した。

「海外では地震直後から酷いデマが飛び交っていました。でも、元気な姿を写真で紹介することで、ゲストのご家族や、これから日本を訪れようとしている海外の方々に、少しでも安心していただきたいという思いで始めました」(カオサン東京 小澤弘視さん)

同プロジェクトはtwitterとfacebookによって配信され、一部加入宿泊施設のホームページでも閲覧することが可能。プロジェクト開始以来、海外からの励ましのメッセージやキャンセル取り消しの連絡なども続いているという。

「全国の宿泊施設にプロジェクトへの参加を引き続き呼びかけていく」と小澤さんは力強く語った。

カオサン東京
http://www.khaosan-tokyo.com/

ハッシュタグ「#smile_japan」
twitter公式アカウント:@keep_smile_jp
facebook公式アカウント:http://www.facebook.com/smilejapanproject

※ 日本財団CANPANプロジェクトでは、ただいま東北地方太平洋沖地震支援基金を受け付けております。日本での寄付はこちらから。外国語はについてはこちらからどうぞを。

(取材日 2011年3月20日 東京虎ノ門)

(2011年3月21日 13:00)
From CANPAN NEWS
東北地方太平洋沖地震支援基金

CANPANプロジェクト

日本財団

CANPANレポート