サンプラザ中野くんからのメッセージ 【東北地方太平洋沖地震関連】

サンプラザ中野くんレコーディングの模様 「Runner」などのヒット曲で知られるミュージシャン、サンプラザ中野くんが、向谷実(キイボード)と共に、被災者と世界中の人々に向けて新曲「TOMOSHIBI -地震が来たら-」を制作した。

 ラジオなどを通じて被災地に広く届けたいとの思いから、この曲は「完全無料」。複製や再配布も自由、インターネットでの配信もOKという、メジャーで活躍するアーティストとしては、異例の措置がとられる。

 「TOMOSHIBI -地震が来たら-」は、3月15日にFM世田谷の番組内で披露され、3日後にUSTREAMで生中継しながら本格レコーディング。現在ではiTunesStore、e-onkyo等から、無料配信されている。YouTubeでも視聴可能だ。
 また、画期的なのが、各国語バージョンも企画・制作されていること。第一弾として中国語バージョンが用意され、既に向谷実公式サイトで配信がスタートしている。
 製作者サイドでは、特にこの曲をラジオを通じて被災者及び全国の人々に届けたいと希望している。「地震が来たら火を消そう だけど心の灯は消すな」というフレーズから始まる、いかにもサンプラザ中野くんらしい、ユーモアを交えた前向きな歌詞が、スケールの大きなメロディーに載せて展開される佳曲だ。被災者たちの心にダイレクトに届くことは間違いないだろう。

(取材日 2011年3月23日 東京都世田谷)

(2011年3月23日 14:30)
From CANPAN NEWS
東北地方太平洋沖地震支援基金

CANPANプロジェクト

日本財団

CANPANレポート