ばんえい競馬の募金箱に暖かい義捐金が【とかち馬文化を支える会】

ばんえいレース前の馬の様子 NPO法人とかち馬文化を支える会と、帯広市のばんえい競馬「ばんえい十勝」は、ばんえい競馬の開催中に募金箱を設置、寄せられた善意は3月21日までに926,054円に達した。

 中には、リュックから10円玉がぎっしり詰まった大型のコーヒー瓶を取り出して「使うときが来た」と置いていった男性もいるという。

 ばんえい十勝は、震災の翌日こそ中止となったが、二日後の日曜日から「いま自分たちにできることを」という決意のもと、レースを再開。また新年度開幕週となる4月16、17日の開催は「復興支援シリーズ」として、収益の一部が被災地に寄付されることが決まっている。

NPO法人とかち馬文化を支える会について、以前インタビューをした記事はこちらから。

(取材日 2011年3月22日 北海道帯広市)

 

(2011年3月23日 08:30)
From CANPAN NEWS
東北地方太平洋沖地震支援基金

CANPANプロジェクト

日本財団

CANPANレポート