群馬県の被災者受け入れ進む 【水上温泉 おやど松葉屋】

CANPAN NEWS 東京電力福島第一原発の事故を受けて県外へ避難する人々は後を絶たない。

 そんな状況の中で群馬県は、福島県や東北各県の被災者1万2000人受け入れることを発表した。県とは別に1000人の受け入れを発表したみなかみ町では、18を超える宿泊施設が手を挙げ、被災者支援に向け動き出した。

「募金しかできないと思っていたのですが、私たちの"宿泊施設"という環境を提供することで被災者の方を支援できて喜んでいます」とコメントを寄せたのは「おやど松葉屋」若女将の高橋貴子さん。

 こちらの宿では3月19日現在で、8名の被災者を受け入れているという。被災者受け入れの予算は、一人当たり1日(3食)3000円、30日間で費用9000万円を含む1億円とのこと。

(電話取材 2011年3月20日 群馬県みなかみ町)

(2011年3月20日 16:30)
From CANPAN NEWS
東北地方太平洋沖地震支援基金

CANPANプロジェクト

日本財団

CANPANレポート