「農家のこせがれネット」設立2周年【農家のこせがれネットワーク】

農家サミットで2011年度の意気込みを語る宮治氏 NPO法人「農家のこせがれネットワーク」が、3月で2周年を迎えた。5日にはアークヒルズカラヤン広場にて毎週土曜日に開催されているヒルズマルシェが行なわれ、日本各地から元気な農家が参戦し、寒さに負けずにぎわいをみせた。夕方からは場所を農業実験レストラン「六本木農園」にうつし、"農家サミット"が開催。全国の農家やこせがれたちがおよそ200名程集まり、「これからの農家をもっとよくしていきたい」と深夜まで熱い激論が交わされた。また翌6日には"2011年度事業構想発表会"が「政策研究大学院大学」で行なわれた。代表の宮治氏は「2010年は"農業を面白くする世代"をスローガンに活動をしてきました。これまでに出会った農家のこせがれはおよそ1000名。11年度は帰農支援プロジェクト~こせがれ はじめの一歩~と題して、農家のこせがれたちの、迷い、悩み、新たな一歩を踏み出すためのプロジェクトをスタートしたいと思います。11年度は10年度の活動をもとに、交流の場をもっと増やしさらなる変革の年にしたいです。」と抱負を語った。今後も「こせがれネット」の活躍に大いに期待したい。

(取材日2011年3月5、6日 東京都六本木) 

(2011年3月10日 16:00)
From CANPAN NEWS
東北地方太平洋沖地震支援基金

CANPANプロジェクト

日本財団

CANPANレポート