秋田の自殺者400人を13年ぶりに下回る 【蜘蛛の糸】

佐藤理事長が書かれた著書
 15年連続で自殺率が最も高いとされていた秋田県の2010年の自殺者数が、
前年よりも70人減って368人になったことが県警のまとめによりわかった。自殺者が400人以下となるのは1997年依頼13年ぶりのことである。

 以前CANPAN NEWSでも紹介をした、自殺防止を目的とする「NPO法人蜘蛛の糸」の佐藤久男理事長に、今回の結果について伺った。

「368人という数字に正直とても驚いています。400人を切るというのが一つの壁でした。秋田県では自殺率が高いことへの危機感から、行政だけでなく民間団体や大学がタッグを組んで頑張ってきました。今回は時間をかけて進めてきた"連携プレー"の結果が出たといえるでしょう。」(佐藤理事長)

 全国の自殺者は12年連続で3万人を超えている中、秋田県はほとんどの世代で減少。特に働き盛り世代である30~59歳においては、自殺者が153人と前年より52人も減った。

「30~59歳というのはサラリーマンや経営者が多い世代。私たちは、サラリーマンや経営者向けに市や町の広報で相談の場を設けたり、手厚いケアやセミナーを開催していました。相談相手がいなくて孤独死するという自営業者、中小企業の経営者の数もだいぶ減ったのではないかと考えています。」(佐藤理事長)

 佐藤理事長が代表を務める「NPO法人蜘蛛の糸」では、電話や直接会って話を聞く相談窓口も開設している。

「相談件数は相変わらず多いですね、ここのところ遠くからの相談が大変増えています。東京や千葉、先日は名古屋からもお見えになりました。みなさん話を聞いてもらいたいということなのでしょうか。」(佐藤理事長)

 全国で自殺予防に取り組む団体はおよそ130団体、そのうち40団体が秋田県内にあり、県外からわざわざ秋田まで訪ねてくる人も多いようだ。

「秋田だけでなく全国規模で自殺を減らす策も練っていきたい。しかし、私たちはまずは秋田県の自殺者を減らすことを一番に考えています。今後の課題は高齢者の自殺問題です。要因がさまざまなだけに、すぐに減らすということは難しいかもしれません。時間がかかっても減らしていきたいですね。」

(取材日 2011年1月17日 秋田県秋田市)
(2011年1月18日 00:00)
From CANPAN NEWS
東北地方太平洋沖地震支援基金

CANPANプロジェクト

日本財団

CANPANレポート